はたらく人

INTERVIEW

好奇心を大切に、常にアンテナを張り巡らせる

商品開発課では、新商品の開発や味の改良、新素材での試作などの研究開発を行っています。2019年に異動してきたばかりなので、今は先輩から商品開発について様々なことを学ぶ日々。お菓子の最新トレンドを知るために、気になるお店は積極的に行ったり、取り寄せもしています。メーカーさんとの情報交換や、本やメディアなど、常にアンテナを張り巡らせることを意識しています。この部署では試食も含めて特にお菓子を食べるので、量や体調管理には気をつけるようにしていますね。

母恵夢で培った、笑顔のコミュニケーション

今思うとちょっと恥ずかしいのですが、入社当初は前職から身についていた「職人」のイメージがあって、無口で近寄りがたい雰囲気で仕事をしていました。そんなある日、ミスをして商品にならないものを製造してしまったんです。その時、周囲の人に助けてもらったことで、日頃から接しやすい空気づくりと、コミュニケーションを取ることの大切さに気づくことができました。今は、笑顔で仕事をすることが働きやすい環境を作ることになり、商品の美味しさやお客様の笑顔にも繋がると思っています。母恵夢スイーツパークが隣にあって、お客様の顔が見えるのも相乗効果ですね。

新しいロングセラー商品を生み出したい

部署異動になったことで、初心に戻って色々なことに取り組んでいます。過去のノートを見直すと、意外と忘れていることもあるんですよ…。長年やってきてわかっている事でも、もう一度試してみると、新鮮さや新たな発見もあります。これからは固定概念に囚われずに、商品の研究を重ねて、地元に長く愛される息の長い商品を作っていきたいと思っています。それが会社や地域への恩返しにもなると思いますし、1人でも多くの人を笑顔に、皆から愛される会社にしていきたいです。

※掲載の内容は2020年1月時点のものです。

これまでのキャリア

転職活動

食品科で学んだ後、食品関係の会社で経験を重ねた。自分自身のステップアップのためと、好きなお菓子に携わる仕事をしたいと思い、母恵夢に転職を決めた。

入社10年目まで

製造部で、母恵夢のライン生産に携わる。現場での経験を積み、4年目にリーダー的立場となる。7年目に係長となり、部下の育成やマネジメントも行った。

入社11年目(現在)

企画部商品開発課に異動となり、新商品の開発に携わる。母恵夢が持つ商品開発の知識やノウハウを先輩から教わる中で、基本に戻ることの大切さを実感している。

メッセージ

母恵夢は、社会人になっても日々楽しいことや嬉しいことに出会える、自分自身が成長できる職場です。新しいことにチャレンジすると、自分も思ってもみなかった潜在能力を発見できるかもしれません。あなたに会えるのを楽しみにしています!

※掲載の内容は2020年1月時点のものです。

エントリー・採用情報

ENTRY & RECRUIT

ENTRY